天皇賞2018出走馬



スピード勝負の短距離戦とは違い芝の中距離戦を予想するうえで、展開は非常に重要なファクターになります。枠順が決定した時点で、どの馬が逃げてペースを作るのか?そのペースなら、どんな適性の馬に有利なのか?など考えることは的中に近づく一歩だと思います。しかし、展開をズバリ読むことは容易ではありません。本日、東京競馬場で開催される秋の天皇賞にも、それは当てはまります。そんな読めない展開をオヤジなりに考えていきましょう。


天皇賞秋 2018!どの馬が逃げてペースを作るのか?

天皇賞・秋2018は逃げ馬が不在。スワーヴリチャードが逃げるかもと、ある競馬専門紙に掲載されていました。果たして、この情報を鵜呑みにして良いでしょうか?同馬は専門紙によると大阪杯でロングスパートを決めたから逃げるかもと…



大阪杯は出負けし後方待機から3角にはハナにいました。しかし、それはロングスパートというより、デムーロがこのペースでこの位置どりではヤバイと思い押し上げただけの様に思うんですけどね。



またスワーヴリチャードは天皇賞秋 2018で現在、単勝1番人気でマークされる立場。それが逃げるとなると、さらに目標にされる始末。デムーロの心情なら切れのないジリ脚のスワーヴリチャードを好位で立ち回らせてロングスパートをかけようかなと思ってるんじゃないでしょうか?



天皇賞秋 2018には、逃げそうな馬でスワーヴと似た適性が3頭います。ミッキーロケットとダンビュライト・アルアインですが、ダンビュライトは前走でアルアインの後ろから進んで負けています。今回はダンビュライトはアルアインより前に位置どりしそうな感じがしますね。また、ダンビュライトは宝塚記念でミッキーロケットにも負けています。内外の差はありますが…そうなると人気も背負わないのでダンビュライトが逃げてミッキーロケット・アルアインが2、3番手という感じではないかと展開予想しています。



天皇賞2018展開図

天皇賞秋 2018!そのペースなら、どんな適性の馬に有利なのか?

戸崎のダンビュライトが逃げたと仮定します。その場合、もちろんギリギリのラインまでお釣りを残したいダンビュライトは道中、スローで逃げて自身の持ち味であるジリ脚をどこで使うかがポイントになります。



ヨーイドンの上がり3ハロン勝負なら勝てっこないので、同タイプのスワーヴ、アルアイン、レイデオロ、ミッキーロケットを気にかけながら絶妙のタイミングで早めに動かなければ勝てません。



またジリ脚タイプの4頭も逃げ馬同様、仕掛けるタイミングを考えているでしょう。一番早くに仕掛けるのは!?ここが一番重要なんじゃないでしょうか?これが春の天皇賞ならスタミナを一番有する馬が早めに仕掛けて押し切る的に、狙い目になるんですがね。天皇賞・秋はそうならない事が多いようです。



過去の秋の天皇賞、前後半の5ハロン差をみても上がりの方が速くなることが多いんです。なのでスタミナよりスピードが少し上回るタイプが、秋の天皇賞に向いているのではないかと感じています。よくマイラーが活躍する場でもあるのが天皇賞・秋。スタミナとスピードを兼備していなければ勝てないんですね。



ということで、天皇賞秋 2018!狙い馬は…

にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村

現在、10位の場所で公開中!
昨日の京都8R、穴馬が3着に!複勝920円は美味しすぎた。。



オッズ理論より、展開のカギを握る馬は…


経営者ランキング

押し切ることはないとは思えど…
現在、10位の場所で公開中!