オッズ理論にオッズ以外のファクターは必要ありません。なので競馬新聞などの専門誌も要りません。これで万馬券を的中して儲けることが出来るのも事実です。



しかし、正直言って面白みに欠けるのも事実ですし、GⅠレースの前日など友人たちとの話のネタにもなりません。なぜなら前日のオッズだとレース傾向はおろか、穴馬など自信を持って話せないからです。なので最近は話のネタ作りに競馬新聞を購入して事前にオッズ理論なしで予想をしています。あくまで予想で購入はしませんが…



そんな事をしているとある事に気づきます。
そのある事とは…



オッズ理論で怪しい穴馬は、そのレースの展開を握っている。



因果関係は不明ですが、そういう傾向にあります。
あくまで、競馬のレース展開を握っているということで必ず馬券に絡むという意味ではありません。



そう考えると、競馬の展開を予想することは無意味ではなく的中に近づく行為だと考えています。競馬のレースは設定された距離を横一でスタートする為、距離ロスがない箇所を立ち回り競走馬の本来持つ力を存分に引き出す事が騎手に問われます。そうなると騎手の技量も考慮しなくてはいけませんし、競走馬の脚質も考慮して予想に取り入れることが重要になるでしょう。



レースの展開を予想することは容易ではありませんが、これから先、前日に展開予想し当日のオッズ理論で買い目を絞る馬券術を完成させたいと思います。



今日のレースは京都競馬最終レースの大山崎特別ダ1200Mの展開予想から。


大山崎特別2018


展開図の見方ですが、京都は右回りなので一番右の一番下である馬番3がインを先行していると考えてください。


このレース、逃げ先行馬が多くハイペースになる。先行馬3・5・13の中で3は砂を被ると気性難を出すので是が非でも逃げたいクチ。しかし5が逃げ宣言しているので3が逃げられない可能性あり。また3の直後の1はスピードあるもスタミナが心配。となれば4角で3・1は後方に下がりインが詰まる可能性がある。よって外差しが決まる。



外差しを決める馬は…


にほんブログ村 競馬ブログ オッズ理論へ
にほんブログ村
現在12位の場所で馬名を公開しています。(・▽・)b